横浜会社設立の条件について紹介します

会社設立を考えている人は、どのエリアに会社を構えようか悩む人も多いでしょう。エリアによって売り上げが左右されたり、人員確保が難しくなったりしてきます。人気のエリアは物件の賃料が高かったりしますし、そもそも空室が無かったりもします。また、通勤の事を考えると駅に近い方がいい場合もありますね。そもそも、会社を設立するという事は、経営をしていかなくてはなりません。経営を学んでいる人でも、その業務は難しいと言われています。経営はプロに任せるのが安心ですね。横浜会社設立に関して言えば、起業をサポートしてくれる会社があります。そういった会社を利用して、しっかりとした基盤を作っていく事も大切になります。ここからは、横浜会社設立のメリットやデメリットに焦点をあててお話ししていきます。

横浜会社設立のメリットについて

横浜会社設立のメリットを見ていきましょう。まずは会社を設立する事によって、給与所得控除が利用できます。個人事業の場合は経営を行なっている主体が事業主の為、給与というかたちで収入はありません。会社になると、経営を行なっている主体が会社になる為、事業主に給与が支払われます。また、家族に給与を支払う事により、所得を分散させる事もできます。経営者の退職金が経費として支給する事が可能です。生命保険料も経費となります。赤字を9年繰り越せたり、決算期を自由に設定できます。会社となる事で銀行融資を受けやすくなり、役員の社宅家賃の大半が経費となり、出張の日当も経費になります。個人事業ではなく会社の為、人材も集まりやすいです。また、減価償却を利用する事もできますし、事業を継続していく事が可能になります。

横浜会社設立のデメリットについて

では、横浜会社設立のデメリットを見ていきましょう。会社設立すると、交際費が全額必要経費ではなくなってしまいます。法人住民税の均等割りの負担も増えてしまいます。大きなデメリットとしては、設立の為に費用が掛かるという事です。そして、日々の経理作業や決算に手間もかかってきます。また、会社の資金となる為、事業資金を個人が自由に使う事ができなくなってしまいます。このように、会社設立にはメリットとデメリットが存在します。会社を設立するには費用もかかりますし、手間が増える事もあります。個人事業主でいた場合よりも、自由に事業を行っていくという事が難しくなるかもしれません。しかし会社設立する事によって節税する事も可能であり、事業を自分の代で終わらせてしまう事もなくなります。大きな決断となりますので、しっかりと慎重に検討していく事が必要です。

1社1社に女性スタッフのきめ細やかな対応します! 給与計算代行を行います。 ワンストップで社会保険までサポートします。 記帳代行は980円からです。 徹底した創業支援! 相続に頭を悩ませている資産家の方もご相談ください。 若手が活躍する税理士事務所です。 株式会社設立、全額キャッシュバックキャンペーンを行っています。 税理士のセカンドオピニオンです。 (おそらく)業界初!? 税理士法人YFPクレアが横浜会社設立!