お教えします横浜会社設立のキーポイント

新しく事業を始めようとするとき、会社を設立するか個人事業として始めるかは非常に迷うところです。現在では、会社法が改正されたことで誰にでも簡単に会社を設立することができるようになりましたが、横浜会社設立にはメリットだけでなくデメリットも潜んでいるため、安易に会社設立を決めてしまうのは大変危険です。会社を設立するか個人事業として始めるかは、事業主のその時点での状況や事業の内容などによって判断しなければいけません。そして、会社設立によって得られるメリットは何か、逆に気をつけておかなくてはいけないデメリットは何かをきちんと把握しておくことは、事業主としての重要な役割の一つです。どうしても会社を設立したいという方は、個人事業からスタートして軌道に乗ってから法人化する方法もあるため、会社設立は慎重に行いましょう。

会社設立における様々なメリット

横浜会社設立においてのメリットは、個人事業としてスタートするよりもメリットが多いです。まず、法人となることで取引先などからの信用を得やすくなります。経営状況が把握しづらいなどの理由から、個人事業主との取引には応じない会社が多いですが、法人の場合は設立の際に代表者名や資本金などの情報を登記するため、一般的には個人事業よりも信用してもらえるようになり、取引もスムーズに行うことができます。同じ理由で、金融機関からの融資も個人事業に比べるとハードルが低くなります。また、会社の設立は節税面で大きなメリットを得られます。個人事業では所得に比例して税率も上がりますが、法人税は原則一定額となっています。そのため、所得が多いほど法人となる方が良いです。法人の場合は決算月を自由に決めることができるので、繁忙期とずらすこともできます。

注意しなければいけないデメリット

横浜会社設立はメリットだけではありません。法人の場合、健康保険と厚生年金保険からなる社会保険への加入が義務付けられています。これらの保険料は、国民年金と国民健康保険に加入した場合よりも高額になります。社会保険の保険料は会社と本人が折半するもので、給料に比例します。そのため、従業員が多くなるほどに会社としての負担は大きくなります。また、会計処理が複雑な場合や社会保険や労働保険の手続き、登記事項の変更などによって事務負担が個人事業に比べ格段に大きくなります。他にも、会社設立時に定款の作成や登記を行わなければいけないので、その費用として20万円程度は最低でも用意する必要があります。メリットだけではなくこのようなデメリットも考慮したうえで、会社を設立するべきかを判断しましょう。