• このエントリーをはてなブックマークに追加

短期間でも集中して勉強出来るセブ島留学

短期留学で気になるのは移動にかかってくる時間です。短い期間で最大の結果を得る為には、移動にかかる時間もムダにすることは出来ません。日本から近い場所での留学であれば、移動にかかる時間も費用も抑えることが出来ます。アメリアやイギリスに比べると距離的にずっと近いのはフィリピンです。距離も近く、ビジネスと観光需要があるので渡航手段としても飛行機の路線もんほんから直行便が就航しています。 特にセブ島はリゾート地としての人気が非常に高いので、日本からも多くの観光客が訪れます。日本からの距離が近いということは、日本との時差に悩まされることも少ないということです。短い期間での滞在になると時差ボケが治らないうちに帰国ということも珍しくありません。時差が少ない方がより勉強に集中出来ます。

渡航費や授業料を抑えることが出来るセブ島留学

フィリピンは日本に比べると物価が安いので、必然的に学費や滞在中にかかる費用を抑えることが出来ます。語学にかけるお金を節約したい学生さんには魅力的です。もちろん、安いだけではなく、高い語学力を持つ講師の方々が揃っていなければせっかく語学留学をした意味がありません。しかし、フィリピンは公用語の一つが英語であるため、国民の方の多くが高い語学力を持っています。町中でも英語を話すことが出来れば買い物などで不便を感じることはまずないでしょう。 特にセブ島は観光客が多い島になりますので、島に住んでいる方も外国人との応対に慣れています。渡航費に関しても、現在ではLCCも就航していますので、移動にかけるお金を節約したい方は優先してLCCを利用すると良いでしょう。

集中して学ぶためには寮に入る選択肢もある

セブ島留学では、短期で最大限の結果を残したいという方には、寮に入って集中して勉強するという方法もあります。セブ島はリゾート地ですので、どうしても勉強をせずに遊んでしまうのではないかと不安に思う方は寮に入って英語づけの生活を送ることも出来ます。また、フィリピンの高い英語力は周辺国の方からも魅力的に映りますので、近隣の国からも多くの留学生が訪れます。 韓国からの留学生も多い傾向にありますが、インドやロシア、中東からの留学生など、色々な国から英語を勉強しに来た留学生の方々と机を並べることで刺激になることでしょう。英語を勉強する中で母国語のイントネーションが影響している発音のパターンなども多国籍クラスでは聞き取ることが出来ますので、より実践的な訓練になります。